コラム

新シーズン ~新入部員の紹介~

2015.04.1 | コラム , サッカー

新シーズン到来。信州の春は遅いが、ここ数日温かい日が続いている。すでに松本山雅のJ1での戦いは始まっており、先日は初勝利も挙げた(おめでとうございます!)。我々も、4月5日にセカンドチームFC.マツセロナの長野県選手権が始まり、トップチームは19日に北信越大学サッカー1部リーグ、26日に長野県選手権とそれぞれの初戦を迎える。いつの日か、FC.マツセロナとトップチームで県選手権の決勝を戦うことを夢見ているが、まだもう少し時間がかかりそうかな。その時はどちらのベンチに入ろうか、などと、しばらくは妄想を楽しんでおこうと思う。

さて、すでに新入生も続々と練習に参加してくれており(残念ながら怪我までしてくれた新入生も…)、公式ツイッターでは何名か得点者として登場もしているが、ここで改めて紹介させていただこうと思う。

松商学園:唐澤 一輝、小林 哲也、高橋 航平、東城 圭祐、森 裕也
東京都市大学塩尻:束 浩樹、村岡 郁也
創造学園:滝澤 慧、茂澄 拓
美須々ヶ丘(VfB Ginsheim):上條功輝
明科:平林 和昌
上田西:小林 祐太
聖和学園(宮城):成田 聖
帝京長岡(新潟):種岡 優希
前橋育英(群馬):横山 和輝
山梨学院大付属(山梨):黒岩 伊吹
矢板中央(栃木):降旗 晃大
水戸啓明(茨城):谷川 健太朗
水戸桜ノ牧(茨城):井坂 仁紀
豊川(愛知):廣嶋 敬正

以上20名が現段階(3月31日時点)までに、いずれかのチームへ登録を完了している新入生である。

新2-4年生で部員数(選手)が21名(新4年生5名、新3年生6名、新2年生10名)。よってほぼ同数の新入部員を迎えることになり、全部員数は女子マネージャーも加えると45名(もう数名の入部があるかもしれない)。彼ら彼女らがしっかりと収まり溢れ出さない、それでいて中では自由に動き回れて窮屈さを感じない、そんな今まで以上に大きな入れ物、“器”が必要となりそうである。

“大きな器”は今シーズンのチームテーマ(ということは、小生自身のテーマ)でもあるので、これについては改めて書かせていただくことにする。

2015シーズンも松本大学サッカー部への温かいご声援を、是非ともよろしくお願いいたします!

部長兼監督 齊藤 茂

▲ページTOPへ